落札価格は約3億円! ゼンノロブロイの近親馬をクールモアが米セールで購入



現地9日にアメリカで行われたファシグティプトン社サラトガセール(2日目)で、2017年のアルシバイアディーズS(米G1)覇者Heavenly Loveの仔を同セール最高価格となる230万ドル(約3億1000万円)でクールモアが落札した。英競馬メディア『Racing post』などが報じている。 落札馬は父Gun Runner、母Heavenly Love、母の父Malibu Moonという血統。二代母Darling My Darlingは2004年に天皇賞・秋、ジャパンカップ、有馬記念の「秋古馬三冠」を制したゼンノロブロイの半姉にあたる。 父Gun Runnerは2017年のBCクラシック(米G1)やウッドワードS(米G1)などを制し同年のアメリカ年度代表馬を受賞。引退後は種牡馬となり、初年度産駒からエコーズールー、テイバ、サイバーナイフ、アーリーヴォーティングなどG1馬を多数輩出。昨年の米国2歳リーディングサイアーに輝いた。 また、ゼンノロブロイの近親馬は日本国内の重賞路線でも活躍しており、半姉ストレイキャットは繁殖入り後、タガノエリザベート(2009年ファンタジーS)、キャットコイン(2015年クイーンC)、ワンブレスアウェイ(2019年愛知杯)、ロックディスタウン(2017年札幌2歳S)と、4頭の重賞馬を出している。

【落札価格は約3億円! ゼンノロブロイの近親馬をクールモアが米セールで購入】の続きを読む


ペップがハーランドとメッシを比較「22歳で彼のような選手は見たことがない。ただ、メッシは…」



新天地で上々のデビューを飾ったアーリング・ハーランドが、リオネル・メッシとの比較について言及したようだ。8日にプレミアリーグが開幕し、ウェスト・ハムと対戦したマンチェスター・シティ。今夏ドルトムントから加入したノルウェー代表FWは、デビュー戦で2ゴールを決める活躍を見せて勝利に貢献している。マンチェスター・Cの指揮官ジョゼップ・グアルディオラ監督は先日、先月22歳のとなったハーランドと同じ年齢で完璧な選手だったのはリオネル・メッシだけだと主張。「ジュリアン(アルバレス)、フィル(フォーデン)、コール・パーマーと同じように、アーリングもまだまだ成長できる」とグアルディオラ監督は13日に行われるボーンマス戦の前日記者会見で語り、今後への成長を期待した。「彼はもっといい選手になれるし、そうなる意志も持っている。彼はサッカーが好きで、彼のような21歳や22歳の選手を見たことがない。メッシは彼よりもすでに進化していたかもしれないが、まだまだ伸びしろがあるということだ。常に向上することができるんだよ」「今シーズンも来シーズンも、彼がここに来たときよりも良い選手になるように努力することだ。彼は信じられないほどの直感を持っているが、より良い状況を作れるように準備しなければならないし、我々はスタッフ、コーチとして彼を助けるためにここにいるつもりだ」

【ペップがハーランドとメッシを比較「22歳で彼のような選手は見たことがない。ただ、メッシは…」】の続きを読む


【阪神】佐藤輝明、観客席破壊!? 打撃練習で右翼スタンドへの打球がイスにめり込む珍事



阪神の佐藤輝明内野手が観客席を破壊する、強烈な打球を放った。 試合前の打撃練習で放った打球が右翼スタンド中段のイスに直撃。そのまま打球がイスにめり込み、破壊した。球場の設備管理者が急いで修復作業に入り、イスは新しいものに取り換えられた。 佐藤輝は5番・大山が抜けた5日から7試合で打率8分7厘(23打数2安打)と沈黙。これが虎の大砲が目覚めるきっかけとなるか。

【【阪神】佐藤輝明、観客席破壊!? 打撃練習で右翼スタンドへの打球がイスにめり込む珍事】の続きを読む


【巨人】始球式はサザエでございます! マスオさんらが見守る中、3バウンド投球でガッツポーズ



東京ドームに「サザエでございます!」。警視庁の防犯広報大使として、国民的アニメ「サザエさん」のフグ田サザエさんが始球式に登場した。スタッフに付き添われながらマウンドに上がると、波平さん、マスオさん、フネさんがホームベース後方で見守る中、ノーワインドアップで、捕手を務めたジャビットに3バウンド投球。サザエさんは両腕で力こぶをつくってガッツポーズを見せた。

【【巨人】始球式はサザエでございます! マスオさんらが見守る中、3バウンド投球でガッツポーズ】の続きを読む


羽生結弦さんの謙虚すぎるコメントに、中国ファン「好きじゃない」「大谷翔平って誰?」



フィギュアスケーターの羽生結弦さん(27)が米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(28)を祝福したコメントが謙虚すぎると、中国のファンの間で話題になっている。大谷は9日(現地時間)のアスレチックス戦に先発出場し、6回4安打5三振無失点で今季10勝目を挙げ、1918年のベーブ・ルース以来、104年ぶりに「2桁勝利、2桁本塁打」の偉業を達成した。これについて、大谷と同学年の羽生さんは10日のライブ配信「SharePractice」の後の取材で「今の時代ではありえないような偉業を達成されたと思います。本当におめでとうございます。僕なんか足元にも及ばないですし、大谷世代と呼ばれるような世代にいられて本当に光栄です」「僕もやっとプロの舞台に上がれたので、精いっぱい大谷さんに追いつけるように頑張ります。たぶんできないと思うけど」などと語った。羽生さんのコメントに、中国のファンからは「彼は本当に、本当に、謙虚だね」「世界に彼ほど謙虚な人はいるだろうか」「そんなに謙虚なのは好きじゃない」「そんなに謙虚にならなくていいよ。あなたは本当に超素晴らしいんだから」「謙虚すぎるでしょ。スポーツ界にはどちらが上とか下とかはないよ」「あなたが『僕なんか足元にも及ばない』って言うなら、私たちは虫みたいなもん」などの声が上がった。また、中国では野球が盛んではないことから大谷の偉業をよく理解できていないユーザーも多く、「大谷翔平って誰?何した人?」「大谷さんってどんな偉業を達成した人なの?」などの声も。これに対しては他のユーザーから「104年ぶりに記録を破ったみたい」「野球は2つの役割があり、大谷翔平は投手としても打者としても出場している。例えるなら、1人のサッカー選手が10ゴール決め、キーパーとして10試合完封するようなもの」との返信が寄せられている。このほか、「2人は本当にリスペクトし合ってる。大谷は『羽生世代』と言い、羽生は『大谷世代』と言ってるからね」「羽生世代か、大谷世代かは、2人に任せておけばいいよ(笑)」とのコメントも書き込まれている。

【羽生結弦さんの謙虚すぎるコメントに、中国ファン「好きじゃない」「大谷翔平って誰?」】の続きを読む


プロ野球の始球式世界最速記録が誕生! 衝撃の150km、28歳内田聖人が新庄BIGBOSS超え



08年に新庄氏が記録した145キロ超え、四国独立リーグ徳島の始球式で達成 プロ野球の始球式世界最速記録が徳島で誕生した。12日、独立リーグの四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの本拠地試合(愛媛マンダリンパイレーツ戦)で行われた始球式に、早実、早大などで投手として活躍した28歳・内田聖人さんが登板。150キロをマークし、徳島のファンの度肝を抜いた。 阿波踊り真っ只中の徳島。JAアグリあなんスタジアムで投じられた1球に球場がどよめいた。早実野球部の後輩、徳島・吉村優投手の背番号16のユニホームを着た内田さんは、思い切り腕を振り抜く。唸りを上げるような白球は捕手のミットへ。電光掲示板に表示された球速は150キロ。直前のウォーミングアップで152キロを計測しており、少し悔しげな表情を浮かべたが、大きな拍手に応えた。

【プロ野球の始球式世界最速記録が誕生! 衝撃の150km、28歳内田聖人が新庄BIGBOSS超え】の続きを読む

このページのトップヘ