アントニオ猪木氏が闘った“最後の敵”「心アミロイドーシス」とは



元プロレスラーで、元参議院議員の“燃える闘魂”アントニオ猪木(あんとにおいのき、本名・猪木寛至=いのき・かんじ=)さんが1日7時40分、心不全により死去した。79歳だった。横浜市出身。

 “最後の敵”との戦いが終わった。晩年は長い闘病生活を送っていた猪木氏。20年7月には、19年秋に特定疾患に指定されている難病「心アミロイドーシス」に冒されていることを発表した。

 線維構造を持つ蛋白質であるアミロイドが、全身臓器に沈着することによって、心臓などが機能が障害を受ける病気だった。病状が進行すると収縮する能力が落ち、心不全や不整脈が発生する可能性もある大病だった。

 猪木さんは21年1月15日には、ツイッターで「腰の治療の為にしばらく入院致します」と報告。同3月1日の投稿ではリハビリする動画とともに「アントニオ猪木最強の敵と闘っています」とつづった。およそ3週間ぶりとなった同6月12日のYouTube動画では「腸が剥がれちゃったみたいで」と再入院を告白。ベッドに横たわるやせた姿に、心配の声が数多く寄せられていた。

 今年8月28日の24時間テレビに生出演したのが公の場に姿を見せた最後。「見た通りで、そのうちに死ぬ瞬間まで、必死に頑張っています」と語り、「1、2、3、ダーッ」も披露した。

【アントニオ猪木氏が闘った“最後の敵”「心アミロイドーシス」とは】の続きを読む


「ごぼうの党」奥野卓志氏 花束騒動の発端を告白 メイウェザーVS那須川天心で「憤りを覚えた」



2018年の大みそかに行われた、那須川天心とメイウェザーの一戦を見て憤っていたといい、「試合の前日にメイウェザーが自家用ジェットでやってきて、試合をする前にやるべきことがあるんですけど、その中の1つでバンテージチェックというものがあります。その時間に2時間以上、メイウェザーは遅刻してきて試合の直前になって、那須川天心選手に対して“俺が見ていないからバンテージを巻きなおせ”と言って、那須川選手のバンテージにはさみを入れた」と当時を振り返った。 続けて、「そのことによって、那須川選手は試合の前にアップをすることも出来なかったとYouTubeで語っています。私はこの件に関しても憤りを覚えたんですが、これがメイウェザーじゃなくて、日本人同士の選手だったらこんなことは許されるでしょうか?」と投げかけた。 「ごぼうの党」奥野代表は、同イベントNFTデジタルチケットを420万円で落札し、花束贈呈の権利を得たが、メイウェザー本人に花束を手渡さず、リングに投げつけた。会場のファンもネット上も騒然となり、RIZIN.38の第4試合終了後にリングに上がった榊原CEOは「神聖なリングに品性下劣な男を上げてしまったことをおわびします。世界中に日本人の恥をさらしたことが悔しい」と頭を下げた。 また、奥野氏は29日に公開されたユーチューバー・ヒカルの動画内で「何より、朝倉未来選手とメイウェザー選手ですね。試合が始まる前の空気を汚してしまったことを、お二人に謝罪させていただきたいと思います。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

【「ごぼうの党」奥野卓志氏 花束騒動の発端を告白 メイウェザーVS那須川天心で「憤りを覚えた」】の続きを読む


羽生結弦さんが公式SNS開設 「よろしくお願いします」 幼少期の写真も公開



プロフィギュアスケーターの羽生結弦さん(27)=仙台市出身=が30日、交流サイト(SNS)のツイッターとインスタグラムでそれぞれ公式アカウントを開設した。所属事務所によると「なりすましなどではなく、公式で間違いない」という。 ツイッターのアカウント名は「羽生結弦officialStaff ( @YUZURUofficial )」。30日午前1時11分に「こちらが公式のTwitterアカウントになります。基本的にはスタッフさんによる運営となります。(中略)これからよろしくお願いいたします! 羽生結弦」と初投稿した。 インスタグラムのアカウント名は「 yuzuruofficial_ 」。ツイッターと同じ内容のメッセージを添え、幼少期の写真2枚を公開した。 8月に開設したユーチューブの公式チャンネルのコミュニティーにもSNS開設を報告。世界中のファンが英語や中国語、スペイン語など各国語で喜びのコメントを寄せた。 30日午前11時現在、ツイッターは6万3000人超、インスタグラムは8万2000人超のフォロワーが付いている。

【羽生結弦さんが公式SNS開設 「よろしくお願いします」 幼少期の写真も公開】の続きを読む


藤浪晋太郎の“メジャー移籍”報道に現地敏腕記者も沸き立つ。「かつてオオタニと並び称された存在」



 大阪桐蔭高で甲子園春夏連覇の原動力となった藤浪は世代最高のピッチャーと評され、2012年ドラフトでは4球団競合の末に阪神へ入団。1年目から先発枠に食い込んで10勝・防御率2.75の好成績を残すと、そこから3年連続2ケタ勝利を達成し、15年には奪三振王のタイトルに加えて、7完投・4完封ともリーグ1位と圧倒的な成績を残した。 高卒1年目から3年連続の2ケタ勝利は2001年の松坂大輔以来史上9人目、高卒3年目でのシーズン200奪三振は07年のダルビッシュ有以来の快挙というのだから、その才能は歴史的にも際立っていたのは間違いない。同い年の大谷翔平も15年に投手三冠を達成していたが、この時点では少なくとも投手としての実力は伯仲しており、まさにヘルナンデス氏の言葉通りである。 しかし、以降はこの時も弱点だった制球難がさらに悪化。二軍暮らしも長くなり、苦闘の日々が続くことになる。もっとも、今季は16登板(66.2回)して与四球率2.83とコントールが大きく改善しており、復活の気配が漂っていた。 海の向こうでは、大谷が二刀流として大活躍を続けている。藤浪自身もかねてからメジャーを夢見ており、“ライバル”から5年遅れで再び同じ舞台に立つのか。その去就に注目したい。

【藤浪晋太郎の“メジャー移籍”報道に現地敏腕記者も沸き立つ。「かつてオオタニと並び称された存在」】の続きを読む


イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由



確かに、スポーツ新聞などが発行する「選手名鑑」で西川は「独身」となっている。 西川は2010年にドラフト2位で日ハムに入団。2013年のレギュラー定着以降、長年にわたって日ハム打線を引っ張ってきた。だが2021年10月、ビッグボスこと新庄剛志氏の来季(2022年)監督就任が決定すると風向きが一変。同年のオフに「ノンテンダー」が通達され、プロ野球人生の岐路に立たされた。「ノンテンダーとはアメリカのメジャーリーグで用いられる用語で、球団が来季の契約を提示せずに自由契約にすることです。年俸がパフォーマンスに見合わなくなった際に用いられることが多く、事実上のクビ。功労者ともいえる西川選手に対する球団のこの“仕打ち”は、当時、物議をかもしました」(スポーツ紙記者) この仕打ちに過敏に反応したのが、西川のファンだった。西川はそのイケメンぶりからファンが多いことでも知られ、西川ファンは「ハルキスト」と呼ばれている。ノンテンダーに対して多くのハルキストが悲鳴を上げ、なかには球団に対して否定的なコメントをネットに書き込むファンもいたという。 西川はノンテンダーから約1か月後に楽天入りが決定。第二のプロ野球人生をスタートさせるのだが、楽天に移籍してもその人気は衰えなかった。「今年2月に公式グッズが発売されると、売り切れが続出しました。西川選手の名前が入ったタオルの売り上げは球団の中でダントツの1位に。さらにユニフォームの売り上げに関しては、西川選手のユニフォームが全体の約6割を占めたとも報じられました」(前出・球団関係者) このグッズ売り上げが、西川が結婚発表を躊躇する理由の一つだと見る関係者は少なくない。「結婚を公表すると女性人気が激減し、グッズの売り上げにも大きな影響があることは間違いありません。このグッズの売り上げも年俸の査定の一つになりますから、選手としては“未婚設定”のほうがメリットが大きいんです。相手が芸能人などで、隠すことが難しい場合ではない限り、球団としても選手の意向を汲むことが多いと思いますよ。

【イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由】の続きを読む


タイの女性ファンに超人気…“カズジュニア”三浦孝太が殺伐としたムエタイの世界を変える起爆剤に?



三浦孝太が秘める「アジアを動かすチカラ」
 RISEの新王者ペットパノムルンは、メジャースタジアムの女子解禁について「時代の変化」と受け止めている。

「個人的にはそれほど気にしていません。ムエタイも変わらなければいけない時期に差しかかってきている」

 なぜ変わらなければいけないと思うのかと水を向けると、彼は本音を口にした。

「もっとお客さんに来てほしいから。日本のように一般客で会場が盛り上がっていると、やっている方も楽しい」

 一方、コリンズは女子の試合導入に諸手を挙げて賛成した。

「タイはムエタイの国。たとえMMAの試合を本格的にやるようになっても、格闘技のベースがムエタイであることに変わりはない。(女子の試合をやることで)女性にも目標ができてチャンスが生まれるから賛成だ」

 今年5月にタイで試合をしたコリンズは、実体験としてムエタイの変化を肌で感じていた。

「大きな会場では以前のように会場内でおおっぴらにギャンブルはできないようになったし、試合に勝っている方の選手が最終ラウンド(5R)を流すこともなくなった」

 流すとは自ら攻撃することなく、相手が出てくれば足を使ってリング上をサークリングする行為を指す。ギャンブラーの目線が勝負の流れに影響する闘い方を、コリンズは「スタジアム・スタイル」と名付ける。

「昔はタイ人に勝つためにそういうスタイルで闘っていたけど、もうしないと思う」

 日本では「なぜ、タイで三浦孝太の人気が高いのか?」と不可解に受け止められることが多いが、三浦は“時の人”として、現地のムエタイの大改革の中に意図的に放り込まれたように思えてならない。若い女性ファンを大量動員するパワーを持っていたという意味で、三浦の抜擢は大正解だったのではないか。

 実力はあとからついてくる。三浦孝太はアジアを動かすチカラを持っている。

【タイの女性ファンに超人気…“カズジュニア”三浦孝太が殺伐としたムエタイの世界を変える起爆剤に?】の続きを読む

このページのトップヘ