朝倉未来を突き飛ばしたガードマンは何者? 悪童マクレガーに「ステロイド漬けの七面鳥」と“ネタ”にされた過去も



では、朝倉を苛立たせ、物議を醸したガードマンは一体何者なのか。  名はジジー・マック(本名レイ・サデギ)。米メディア『MMA Junkie』などの情報によれば、イラン出身の彼は、幼少期は医者の父を持つ家庭で裕福な生活を送ったものの、15歳の時に両親の離婚によって生活が一変。アメリカに渡って母とマンハッタンのワンルームマンションで、苦労を重ねてきたという。  それでも朝晩働き資金を稼いだジジー・マックはポーランドの医大学に入学。卒業後はふたたびアメリカに戻り、医学系の道を歩みながら、柔術をマスター。総合格闘家としてのキャリアをスタート。そして2013年に同じジムにいたメイウェザーにスカウトされる形で、ボディーガードマンとしての職に就いた。  かつて米メディア『Respect』の取材に応じた際に「フロイドのために働くことは俺の情熱だ。彼を守るためならブルース・リーとでも戦う」と発言していたジジー・マック。そんな彼の“挑発的な防衛”は、実は以前にも話題となっていた。それは2017年にメイウェザーが、当時、世界最高峰の総合格闘技団体「UFC」でカリスマ的地位を確立していたコナー・マクレガーと対峙した時だった。  朝倉と同様に記者会見に臨んだ際に、ジジー・マックはメイウェザーに迫るマクレガーを挑発。しかし、この時は、世界屈指のトラッシュトークスキルを誇るアイルランド人戦士に「ステロイド漬けの七面鳥みたいなやつは黙ってろ」「お前は薬漬けの情けないやつ」と辛辣に返され、まんまと“ネタ”にされていた。  そうした経歴や過去を考えれば、朝倉に対する行動も“予想通り”というべきなのかもしれない。いずれにしても、引き続きジジー・マックを含めたメイウェザー陣営の行動は話題を集めそうだ。

【朝倉未来を突き飛ばしたガードマンは何者? 悪童マクレガーに「ステロイド漬けの七面鳥」と“ネタ”にされた過去も】の続きを読む


【大学野球】早大・中川卓也がプロ志望届を提出 “根尾・藤原世代”の大阪桐蔭で主将、春夏連覇



早大でも主将を務め、六大学通算64試合出場 全日本大学野球連盟は2日、ホームページで公開しているプロ野球志望届提出者のリストを更新し、新たに東京六大学リーグ・早大の主将を務める中川卓也内野手が提出した。 中川は大阪桐蔭高出身。2018年には根尾昂投手(中日)や藤原恭大外野手(ロッテ)たちの世代で主将を務め、甲子園春夏連覇に貢献した。 今春リーグ戦では13試合で打率.229、通算64試合に出場し打率.224を残している。

【【大学野球】早大・中川卓也がプロ志望届を提出 “根尾・藤原世代”の大阪桐蔭で主将、春夏連覇】の続きを読む


大谷翔平MVP効果で、エンジェルス買収に日本企業も名乗り!米敏腕記者が「20億ドル以上」に興味を示すオーナーを紹介



2003年にウォルト・ディズニー社から1億8000万ドルでエンジェルスを買収したモレノ氏。地区優勝を6度果たすも、近年は低迷。大谷翔平やマイク・トラウトとMVPスターを2人擁しながらも、ポストシーズンの舞台からは7年遠ざかっている。 そんなエンジェルスに「ゴールデンステイト・ウォリアーズ(NBA)のほかにもハリウッドやオレンジ・カウンティ(カリフォルニア州)、日本の企業(ショウヘイ・オオタニ関連)がエンジェルス買収に興味を示している」と米紙『New York Post』の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏は伝える。  今年4月にワシントン・ナショナルズのオーナーがエンジェルスに先立って球団売却を検討していた。メジャー2球団目となることで、やや市場が混みあうなかではあるものの、同紙によれば、「両チームとも資産価値は20億ドル(約2800億円)以上」と予想されている。  日本企業がエンジェルスの買収に動くことは韓国メディアも熱視線を注いでいる。1992年任天堂がシアトル・マリナーズの筆頭株主であったことを考えれば、日本企業が手を挙げるのは不思議な話ではないことを踏まえた韓国紙『毎日経済新聞』は、「ショウヘイ・オオタニが新人王やMVPを獲得したことにも影響している」と記している。  一方、ウォーリアーズのオーナー、ジョセフ・ラコブ氏は「ここ20年間、事あるごとにエンジェルス、ロサンゼルス・ドジャース、オークランド・アスレティックスの購入を検討してきた」と地元紙『Los Angeles Times』で明かす。今回エンジェルス獲得については、「いますぐ答えられない。我々は良い機会を探している」と濁らせている。  球団組織を一新することになるエンジェルス。果たして誰の手に同球団は渡るだろうか。ポストシーズン返り咲きを目指すチームの行方を、温かい目で見守りたい。 

【大谷翔平MVP効果で、エンジェルス買収に日本企業も名乗り!米敏腕記者が「20億ドル以上」に興味を示すオーナーを紹介】の続きを読む


ヤクルト・村上宗隆が50号到達! 日本選手では松井秀喜以来20年ぶり



■村上が今季達成した主な記録★4本の満塁弾 6月24日の中日戦で今季4本目の満塁本塁打。シーズン4本は球団初。プロ野球記録は1950年の西沢道夫(中日)の5本。★4番連続出場 6月25日の巨人戦に「4番・三塁」で出場。2020年6月19日の中日戦から332試合連続の4番先発出場で2004―07年のラミレスを抜いた。倦怠(けんたい)感を訴え、8月6日の巨人戦を欠場し、360試合で途切れた。★5打席連続本塁打 7月31日の阪神戦で3打席連続本塁打、8月2日の中日戦(神宮)で一回に38号、三回に39号を放ちプロ野球史上初の5打席連続本塁打を達成。★最年少で40号 8月12日の広島戦で史上最年少(22歳シーズン)の40号に到達。★100人斬り 8月17日の阪神戦で伊藤将司から42号を放ち、本塁打を放った投手の人数が100人に到達。★最年少の通算150号 8月27日のDeNA戦で46号を放ち、通算150本塁打を達成。清原和博(西武)の22歳11カ月を抜いて史上最年少となる22歳6カ月で到達。

【ヤクルト・村上宗隆が50号到達! 日本選手では松井秀喜以来20年ぶり】の続きを読む


沢村拓一、メジャー獲得球団なくレッドソックス傘下3A所属へ 同時期戦力外のデービスはツインズへ



レッドソックスは31日(日本時間9月1日)、同球団を事実上の戦力外となっていた沢村拓一投手(34)が、Rソックス傘下3Aのウースターに所属することになったと発表した。 巨人、ロッテを経て海を渡った沢村は昨季からRソックスに所属。昨季は55登板で5勝1敗、防御率3・06の成績を残してプレーオフでも登板した。今季は49登板で1勝1敗、防御率3・73。28日(同29日)の本拠地・レイズ戦で1回4安打3失点と打ち込まれると、試合後に事実上の戦力外通告(DFA)を受けた。その後もボストン市内でトレーニングを継続していた。 メジャー出場の前提となる40人枠を外れ、ウェーバーにかけられてメジャー全球団が獲得することも可能だったが、通過して手を挙げる球団はなかったようだ。沢村はどの球団とも交渉をすることが可能になったが、3Aで残留することになった。突然の非情宣告に「今はとても驚いているけれど、この国の野球では、野球がビジネスであるという側面を理解しないといけない。どこか、冷静ですね」と話していた沢村は、3Aで再びマウンドに上がることになった。 地元メディアによると、来季のオプションは効力を残し、球団側が行使する場合は、出来高などのエスカレーション条項次第で、300万ドル(約4億1700万円)~400万ドル(5億5600万円)、沢村側が行使する場合は、60万ドル(8300万円)~220万ドル(3億600万円)となる。 また、同じタイミングで事実上の戦力外通告となったA・デービス投手(29)はツインズに移籍することになったと報じられた。今季は50登板で2勝1敗、防御率5・47だった。

【沢村拓一、メジャー獲得球団なくレッドソックス傘下3A所属へ 同時期戦力外のデービスはツインズへ】の続きを読む


シバターが朝倉未来を痛烈批判!「しょっぱすぎる、メイウェザーのSPに何もしなかった」、平本蓮のディスりセンスは高評価



9月25日(日)に開催の『超RIZIN』の記者会見が昨日31日、ハワイにて行われ、朝倉未来(30)とボクシング元世界5階級制覇のフロイド・メイウェザー(45=米)が参加した。 平本蓮がメイウェザーの通訳で登場、メイウェザーのボディガードが朝倉を突き飛ばすなど話題は豊富だったが、格闘YouTuberのシバターが注目の会見を分析した。シバターは「おそらく平本がメイウェザーの言葉を聞いて、『ダサい服のブランド出しているんじゃねえ!TMTを見習え!』とか『俺くらい稼いでから調子に乗れ!』と通訳していましたが、メイウェザーが朝倉のブランドの話とか知らないと思うので、あれは平本が『好きなことを言っていいよ』と頼まれていたことだと思います」と分析した。 その上で「平本のワードセンスに爆笑させてもらいました。そして核心を突いたディスり方をしていましたね」と続けた。 朝倉については、「それに比べて未来は、しょっぱ過ぎましたね。マイクもそうだし、全然、煽ってないじゃん。フェイスオフの時も、未来から何もアクションしなかったですよね。突き飛ばしたり蹴ったり、殴りかかるなど何もしないからメイウェザーのボディガードが見かねて突き飛ばして、『はい、ここからスタート。乱闘をやってください』とキッカケを作ってくれたのに、何もしないという」とガッカリしたという。 さらに、「会場にいた全員、乱闘を期待しているんだよ。そもそもエキシビションじゃないですか。名もなき格闘家とメイウェザーという世界的なボクサーの勝負論は、期待していないわけです。何が見たいかと言ったら、めちゃくちゃなプロレスの煽りあい、エンターテインメントが見たいわけです。でも、何もできないんだよね。あそこで何もできないって、0点だからね」とシバターは朝倉を批判する。 過去にメイウェザーと対戦してきたコナー・マクレガーなどの名前を出してエキシビションを盛り上げてきたことを引き合いに出して、「エンターテイナーとしてのスキルがないなと思いました」と語ったシバター。視聴者からは「相変わらず的を得た解説ですね」や「平本を指名したのがメイウェザーならギャグセン高すぎる」といったシバターの意見に共感する声が目立った。

【シバターが朝倉未来を痛烈批判!「しょっぱすぎる、メイウェザーのSPに何もしなかった」、平本蓮のディスりセンスは高評価】の続きを読む

このページのトップヘ